地方都市の薬剤師派遣

薬剤師派遣TOP >> 条件別 >> 地方都市の薬剤師派遣

地方都市の薬剤師派遣

地方都市での薬剤師派遣は、現在とてもニーズが多くなっています。薬剤師は資格の必要な仕事であり、薬剤師がいないと薬局でも販売できない事態になるのです。第一類医薬品などは、薬剤師がいないと販売できないので、どうしても薬剤師が確保できない薬局などは、その時間は店を閉めるということにもなりかねません。そこで、薬局やドラッグストアは開店時間の間は少なくとも一人は薬剤師を配置しておきたいのですが、地方都市に行くと薬剤師の資格を持つ人がそもそも少ないので、求人を出しても応募がなかなか集まらないのが現状です。

そのため、地方都市では時給を都心部の1.5〜2倍ほど高くしたり、住宅を用意したりして、都心部からの薬剤師の採用を行っています。一般的な仕事はおおむね地方都市より都心部のほうが賃金が高いのですが、薬剤師の場合それが逆転しているという状況にあるのです。そうして採用しようとしてもできなかったり、採用できても必要な時間すべてに薬剤師を配置できない場合は、派遣を利用することもあります。派遣の場合は、派遣会社に薬剤師の派遣を依頼すれば、必要なスキルをもった薬剤師が派遣されてきます。時給はパート薬剤師よりも高めになりますが、もともと都心部の倍近い相場になっている地方都市であれば、それでも決して高くはないのかもしれません。ただし、派遣でもなかなか派遣できる人が見つからない場合は、派遣の時給を高くして交渉することはあります。

なかなか採用が難しい地方都市での派遣ですから、派遣であっても多少融通が利くケースが多いです。勤務時間だったり、時給だったりを交渉して働きやすくする場合もあります。また、都心部では比較的少ない、借り上げ住宅の利用可を派遣にも適用することもありますし、そのまま社員に移行する紹介予定派遣を行うこともあります。いずれにしても、都心で働くことに執着がないのであれば、地方都市で薬剤師として働くというのもよいかもしれません。時給が高く、物価が安いので暮らしやすいですし、必要とされている実感もあります。ただし、他の薬剤師がなかなか採用されずに残業が続いて激務になってしまう可能性もあるので、あまり人数が少ない場合はその点も確認しておいたほうがいいかもしれません。都心部では徐々に飽和し続けている薬剤師は、今のところ地方ではまだまだ不足していますが、今後はそれも充足傾向に移行することが予想されます。派遣で高い給料をもらうのもよいですが、今のうちに好条件で就職しておくのもおすすめです。

薬剤師の派遣求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師派遣登録119番【※自分に合った薬剤師の働き方】 All Rights Reserved.