掛け持ちokの薬剤師派遣

薬剤師派遣TOP >> 条件別 >> 掛け持ちokの薬剤師派遣

掛け持ちokの薬剤師派遣

よりたくさんのお金を稼ぎたいと思ったら、掛け持ちで派遣に行くという方法もあります。薬剤師の場合、意外と掛け持ちをするケースは多く、派遣でなくても掛け持ちでパートをしたりアルバイトをしたり、可能であれば正社員で掛け持ちのアルバイトを持っている人もいるくらいです。薬剤師は一般的な仕事よりも時給が高いので、短い時間でも掛け持ちして働くと収入がぐっと増えるのが魅力でしょう。派遣は残業などがないので特に掛け持ちはしやすいのではないでしょうか。

掛け持ちなんてしていいの?と思われるかもしれませんが、アルバイトやパート、派遣の場合は基本的には問題ありません。念のために、アルバイトやパートの場合は上司に、派遣の場合は派遣会社に確認を取っておくとより安心です。正社員で働いている場合は勤務先の規定によるので規定を確認し、不安であれば上司に確認してみるとよいでしょう。お金がほしいから掛け持ちをしたい、というと給料に不満があるようでイメージが良くないので、違う分野の仕事をしてみたい、仕事の幅を広げたいなどというと、理解が得やすくなります。たとえば、ドラッグストア勤務の場合は調剤も経験したいといって調剤薬局で掛け持ちをするのは言いやすいのではないでしょうか。

派遣の場合は、派遣会社に相談すれば、派遣会社がすべてコーディネートしてくれるので楽です。現在の派遣先が掛け持ちOKか確認が必要であればそれも担当者がしてくれますし、掛け持ちの派遣先を紹介してもらうことも可能です。正社員で働いていて、掛け持ちで派遣の仕事をしたい、という場合は、正社員で働いている勤務先の規定を確認したうえで、OKであれば派遣会社に登録しましょう。派遣会社の担当者に、正社員でどの程度の時間働いていて、どの時間帯なら派遣の仕事ができるかを伝えておけば、条件に合った派遣先を探してもらえます。派遣の仕事の中には単発の仕事や短期の仕事もあるので、急な出費などでお金が必要な時には便利です。普段から登録だけしておいて、今月ピンチかな、という時だけ単発の仕事をもらうという人もいます。

掛け持ちをしておくと、片方の仕事が急になくなっても収入がゼロにならないといったメリットもありますが、本来一つの職場で働いているほうが、残業代が割増しになるなどの面で得になります。それでも、違う職場での経験はリフレッシュにもなりますから、短期や単発の派遣などを時々やってみるのもいいかもしれません。

薬剤師の派遣求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師派遣登録119番【※自分に合った薬剤師の働き方】 All Rights Reserved.