都心の薬剤師派遣

薬剤師派遣TOP >> 条件別 >> 都心の薬剤師派遣

都心の薬剤師派遣

都心部での薬剤師派遣は、地方に比べてやや条件が厳しくなる傾向にあります。都心部には病院はもちろんや薬局やドラッグストアも多く、薬剤師を必要とする職場は多いです。もちろんそのぶん求人も行われていますが、都心は人口が多いため薬剤師の数も多く、採用は比較的やりやすい状況にあるのです。しかも、薬剤師は徐々に過剰になりつつあるといわれており、都心部のほうが早く供給過剰になりつつあるといわれています。

そもそも派遣スタッフを使うのは、薬局や企業にとっては決して安く済むわけではありません。パートやアルバイトよりも高い給料を払ってでも、必要な時間帯に薬剤師を派遣してほしいから使うわけです。薬剤師のパートの時給の平均が2000円前後なのに対して、派遣の場合は2500〜3000円が相場といわれますし、薬局や企業はそれに経費や利益を上乗せした金額を派遣会社に支払うわけですから、パートの時給の倍ほども経費が掛かっているのです。都心部の場合、アルバイトやパートの薬剤師を募集すれば採用できる確率も高いですから、派遣よりもむしろパートを使おうという薬局が増えるのも当然でしょう。そうなると派遣はニーズが減るので、時給は安くなっていきます。

そんな中でも派遣スタッフを使いたいというのは、必要となる時期が短期間である場合や、短期間で不要になる可能性がある場合があります。これは短期を希望する派遣スタッフにとっては良い話ですが、長く働きたいという人にはリスクにしかなりません。不要になったらいつでも切れるから派遣を使う、というのは実際に多いのです。それ以外にも派遣を使う理由としては、即戦力の薬剤師を使いたいということもあります。薬剤師に限ったことではありませんが、派遣は即戦力が原則です。その時間だけ必要な仕事をキッチリできることが、派遣には求められます。それを期待して利用する側は高い時給を払うのです。

都心でアルバイトなどが採用できる場合でも、入ってからの教育を考えると派遣のほうが効率が良い、というケースもあり、そういう場合は派遣を積極的に使っています。派遣会社の中には、スキルが高い人ばかりを集めて、それを強みに好条件での派遣先を探すところもありますので、薬剤師としてそこそこキャリアや経験があるという人は、そういった派遣会社に登録してみるのも良いかもしれません。通常の薬剤師派遣の場合は、薬局の都合の良いときに来てくれることを期待されているので、どちらかというと融通が利かない求人が多い傾向はあります。

薬剤師の派遣求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師派遣登録119番【※自分に合った薬剤師の働き方】 All Rights Reserved.