薬剤師派遣と退職金

薬剤師派遣TOP >> 薬剤師派遣の基礎 >> 薬剤師派遣と退職金

薬剤師派遣と退職金

薬剤師も派遣で働くことができますし、全国的に薬剤師が不足しがちなこともあって薬剤師を専門とする派遣会社もいくつもあります。時給が高くて基本的には残業などもない便利な派遣ですが、退職金の有無は気になるところです。

派遣の場合、薬剤師に限らず求職者は派遣会社に登録を行い、派遣会社の登録者として企業や薬局に派遣されることになります。具体的に仕事の指示を受けるのは派遣先の薬局などになりますが、給料を支払うのは派遣会社ということです。薬局は派遣会社に対して薬剤師の時給を含めてさらに派遣会社の利益や経費を上乗せした金額を支払います。時給3000円の薬剤師を派遣する場合、薬局側はその時給を含めて4000〜5000円を派遣会社に支払うというシステムです。

ここで気になる退職金ですが、上記のように実際に働いている薬局は派遣会社と薬剤師の派遣契約を結んでいるだけで、薬剤師本人とは何の契約も結んでいませんし、お金を払っているわけでもありません。そのため、保険に加入させる義務もなければ退職金を支払う必要もないのです。そもそも、薬局側が派遣薬剤師を使うメリットに、時給は高くなる一方で、保険や退職金といった福利厚生面の必要がないということがあります。紹介予定派遣などを経て、薬局の社員として働くようになれば別ですが、あくまで派遣として働くのであれば退職金は発生しませんし、そもそも派遣は同じ事業所で1年未満が基本です。条件によっては3年ということもありますが、在職年数に応じてもらえることが多い退職金の性質からして、派遣でそれが発生することは考えにくいでしょう。

派遣薬剤師が退職金をもらえるとすれば、それは派遣会社からです。派遣会社によっては、契約期間やその期間中の働きぶりによって、慰労金などの形でボーナス的にお金がもらえることもありますが、退職金として制度を定めているところは基本的にはありません。退職時にはありませんが、派遣会社によっては契約時や、一定期間働いたらお祝い金などの名目でお金が支給されることもあります。会社によってそういった制度はかなり違うので、調べてから契約するとよいでしょう。とはいえ、派遣会社の良し悪しは、やはりどんな派遣先を紹介してくれるかと、担当者のフォローの質です。お金がもらえるから、ということだけで派遣会社を決めてしまうと後で苦労することもあるので、信頼できる派遣会社かどうかはきちんと見極めることが大切です。

薬剤師の派遣求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師派遣登録119番【※自分に合った薬剤師の働き方】 All Rights Reserved.