薬剤師派遣の履歴書

薬剤師派遣TOP >> 薬剤師派遣の基礎 >> 薬剤師派遣の履歴書

薬剤師派遣の履歴書

薬剤師が働く場合には、まず最初に履歴書によって書類選考が行われ、その次に書類選考を通過した人のみを対象にして面接試験が行われます。派遣という雇用形態で働く場合にも、履歴書は必要になりますから、必ず準備しておくようにしましょう。これまで薬剤師として大学病院で働いていた経験しかない人にとっては、就職活動や転職活動というものを経験したことがないという人も少なくありません。そんな場合には、転職サイトや求人サイトを活用する方法がおすすめです。 こうしたサイトでは、薬剤師の転職を知り尽くしたプロのアドバイザーたちが、転職活動を徹底的にサポートしてくれることが多いもの。初めての転職などで履歴書の書き方が分からない人や、自分自身の履歴書が正しく適切なものかどうかを、プロの視点から的確に判断し、アドバイスをくれます。書類選考で落ちてしまわないためにも、履歴書はしっかりマスターしておきましょう。

薬剤師の場合には、履歴書に合わせて職務履歴書も記入することをお勧めします。履歴書というのは、簡単に言えば自分自身の個人情報を簡潔にまとめたもの。どこの学校を卒業したとか、どこの職場でどのぐらいの期間働いていたか、など、表面的な情報をまとめたものです。一方、職務経歴書というものは、それぞれの職場で具体的に自分がどのような業務に携わり、どんな知識を得ることができたのか、どのような実力をつけることができたいのか、など仕事の内容をまとめたものです。履歴書だけを提出したのでは、自分がそれぞれの職場でどのような職務に携わっていたのかを知ることができません。職務経歴書も履歴書と合わせて提出することによって、面接官により自分の情報や経験、知識などを詳しく伝えることができるのです。

薬剤師の履歴書に限らず、誰もが記入に困ってしまう項目というものがいくつかあります。例えば、趣味や特技、志望動機などの項目。趣味や特技は薬剤師という仕事には全く関係ありませんし、記入する必要がないのではと思う人も多いのですが、ブランクのまま提出してしまうのは良くありません。どのような趣味でも良いので、自分が好きなことを見つけ、必ず記入するようにしましょう。

記入の仕方も大切です。ドライブや映画鑑賞など、大勢の人が大好きなことを趣味として記入する場合には、もう一歩踏み込んで記入することで、面接官により好印象を与えることができます。例えば、「ドライブ」ではなく「ドライブをして海を見ること」、映画鑑賞でも「アクション映画を見てストレス解消すること」と記入すれば、面接官はふむふむと感じてくれるのではないでしょうか。

薬剤師の派遣求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師派遣登録119番【※自分に合った薬剤師の働き方】 All Rights Reserved.