薬剤師派遣の志望動機

薬剤師派遣TOP >> 薬剤師派遣の基礎 >> 薬剤師派遣の志望動機

薬剤師派遣の志望動機

薬剤師に限らず、転職をする場合には必ず面接試験が行われます。そして、その面接試験で必ず聞かれる質問といえば、志望動機ではないでしょうか。志望動機というのは、なぜ転職しようと考えたのか、なぜよその病院ではなくこの病院なのか、なぜ以前の職場をやめようと思ったのかなど、面接官にとってもとても気になる部分です。

薬剤師が転職を考える動機にはいろいろなものがあります。例えば、残業が多くてプライベートな時間がほとんどなかったから転職したいと思ったり、職場の雰囲気が良くないために精神的なストレスになってしまうこともあるでしょう。また、通勤しづらいロケーションで、体力的に限界を感じたことが転職を考えたきっかけになることもあるかもしれません。しかし、そうした正直な志望動機をそのまま面接試験で言ってしまうのは、あまり賢い選択ではないかもしれません。

例えば出産や育児などで数年間のブランクがあった薬剤師が再就職を目指して転職活動をする際には、そのまま正直に自分の状況を説明しても、面接官にマイナスの印象を与えることはありません。しかし、「以前の職場が嫌になったから辞めた」というマイナスの志望動機では、面接官にとってはマイナスのイメージしか与えません。それでは面接には不利です。実際の志望動機が何であっても、面接の際に答える志望動機は必ずプラスの印象を与えるものを選びましょう。キャリアアップのため、仕事の幅を広げて薬剤師としての経験を積みたい、などは一般的な志望動機といえます。

薬剤師の転職活動をする際には、まず最初に履歴書を提出します。履歴書にも志望動機を記入する項目がありますが、自分の言葉で志望動機を記入するには、なんとなくスペースが小さすぎる気もしませんか?しかし、だからといってブランクのまま提出してしまうのは良くありませんから、言葉を選び、端的に志望動機を記入するようにしましょう。履歴書に志望動機が記入されていても、面接では同じ質問をされることがほとんどです。面接の際には自分の言葉で志望動機を説明することができるので、スペースや字数を気にすることなく自分をアピールすると良いでしょう。

志望動機がなかなか思い当たらないという人は少なくありません。そんな時には、薬剤師の転職マニュアルなどを参考にするのも良いですし、転職サイトや求人サイトのカウンセラーに相談してみるという方法もありです。プロの視点から的確なアドバイスをくれるはずです。

薬剤師の派遣求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師派遣登録119番【※自分に合った薬剤師の働き方】 All Rights Reserved.