薬剤師派遣の法律

薬剤師派遣TOP >> 薬剤師派遣の基礎 >> 薬剤師派遣の法律

薬剤師派遣の法律

2012年10月に労働者派遣法が改正されました。医療業界に従事する労働者も対象となったこの法改正において、薬剤師の派遣にも影響が出ています。派遣という雇用形態で働くことに関しては全く問題がありませんし、派遣という働き方で1か月以上働き続けるという場合には、この法改正によって影響を受けることはありません。しかし、派遣期間が1か月以内、つまり30日以内の場合には、それ以上の期間働く場合と比べるといくつかの条件を満たすことが必要になっているため、誰でも気軽にチャレンジすることができないので注意しましょう。

薬剤師に限らず、派遣のお仕事は最初から期間が限定されているため、仕事の安定性という点ではどうしても正社員やアルバイト・パートと比べると劣ってしまいます。そのため、生活の基盤がない人は、できるだけ安定している派遣のお仕事についてもらおうというのが、この労働者派遣法の改正の趣旨です。

この法改正によって、30日以内の短期間派遣で働けるためには、本人の収入がすでに500万円以上あり、派遣でのお仕事は短期間の副業扱いという場合、もしくは自分自身が稼いでいなくても世帯収入が500万円以上ある場合などには、30日以内の短期間派遣で仕事をすることができます。そのため、育児と仕事の両立をしたいと考えているママさん薬剤師の場合には、配偶者の収入が500万円以上あれば、30日以内の短い派遣でも働くことができることになります。

結婚や出産、育児などによって数年間のブランクがあった薬剤師にとっては、本当に自分が家事や育児と仕事の両立ができるかどうか、実際に働いてみないとなかなかわからないものです。そんな時、世帯収入が500万円以上あれば、トライアル的に30日以内の短期派遣を利用することができるので、とても便利なシステムといえるでしょう。しかし、同じようにブランク期間があった薬剤師でも、世帯収入が500万円を超えない場合には、残念ながら30日以内の短期派遣で働くことはできません。その場合には、30日以上の期間が設定されている派遣のお仕事を紹介してもらうようにしましょう。

短期派遣ができる条件は、他にもいくつかあります。例えば、年齢が60歳を過ぎている人の場合。いろいろな事情によって短期間だけサッと働いてお金を稼ぎたいという人も少なくないこの年代では、世帯収入などとは一切関係なく、短期派遣でも積極的に仕事をすることができます。また、雇用保険に加入していない学生の場合にも、短期派遣で仕事をすることが可能です。

薬剤師の派遣求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師派遣登録119番【※自分に合った薬剤師の働き方】 All Rights Reserved.