薬剤師の派遣勤務のデメリット

薬剤師派遣TOP >> 薬剤師派遣の基礎 >> 薬剤師の派遣勤務のデメリット

薬剤師の派遣勤務のデメリット

薬剤師の派遣勤務のデメリットは、まず雇用が安定しないということです。派遣は短期間の契約を更新しながら働くことになります。そのため、派遣先が不要だと感じたら、次の更新がされないこともあるのです。そもそも派遣にはパートなどよりも高い時給を払っているので、派遣先としても真っ先にリストラの対象にします。契約上、更新しなくても問題がないため、すでに雇用している人を解雇するよりも簡単だというのもあるでしょう。

子供が学校に行っている数時間だけ仕事があれば働きたい、といった感じで働くのであれば仕事がない期間があってとしても困るほどではないでしょうが、派遣の給料だけで生活している場合は、万が一契約打ち切りになっても困ることのないようにある程度蓄えておいたほうがよいかもしれません。とはいえ、契約が予定より早く終了したとしても、薬剤師は慢性的に不足している状態ですので、次の派遣先はすぐに紹介してもらえますから、あまり心配することはありません。

さらに、薬剤師が派遣で働くデメリットは、短期間の勤務が多くなるため、患者さんとの関係を築きにくいことです。病院薬剤師ではなくても、長く薬局で働いていると定期的に訪れる患者さんとは親しくなりますし、薬による病状の変化もわかります。これが、薬剤師の仕事のやりがいのひとつですが、派遣だとどうしても期間が短いのでそこまで患者さんに関わることができません。患者さんとのコミュニケーションを取るのが好きな人には、どうしても物足りなく感じてしまうのではないでしょうか。

これは薬局内での人間関係も同じで、派遣ということで社員やパートの従業員からも距離を置かれがちになります。業務に差し支えることはありませんが、個人的に仲良くなる、というのはあまりないかもしれません。また、短期間で別の派遣先に代わることが多いのですが、いつも自宅から近いところに派遣されるとは限らず、勤務地が定まらないのもデメリットのひとつです。

あとは、派遣会社によって福利厚生がかなり違うので、その点もしっかり調べて登録したほうがよいでしょう。支度金などを支給してくれるところもありますが、それよりもしっかりサポートしてくれる派遣会社を見極めて登録することが必要です。派遣の場合は、時給は高いものの退職金はありませんし手当なども支給されないので、長い目で見るとどれだけ得かわかりません。ライフスタイルに合わせて使えば便利な制度ですが、長く働くのであれば、雇用が安定して退職金などもある正社員で働いたほうが安心だともいえます。

薬剤師の派遣求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師派遣登録119番【※自分に合った薬剤師の働き方】 All Rights Reserved.